Keycafe

ユーザー認証

お預けになる鍵はサーバーで管理されたキャビネットに保管されます。ゲストがあなたの鍵にアクセスする際には必ず認証を行う必要があります。

通知設定

鍵はKeycafeキーホルダーによって設置場所での預け入れ・取り出し記録が管理され、その際に通知がお客様に送信されます。

ソフトウェア侵入検知システム

もし第三者がデータセンターにアクセスしようとすればただちに弊社に警告が届くので、リアルタイムで対処を行うことが可能です。

トランスポートレイヤーセキュリティ(TLS)

お使いのコンピューターとKeycareとの通信は暗号化して行われ、アカウント情報の管理の際には大切な情報が安全に送受信されます。

オフサイトバックアップについて

Keycafe SmartBoxに個人情報が保存されることはありません。また、暗号化プロトコルによってSmartBoxは保護されております。

PCI

弊社ではクレジットカード支払いの暗号化と処理にPCI準拠の決済サービスを導入しています。

住所(任意)

対象物件の住所は任意で登録できます。キーホルダーに住所が記載されることはありません。

高性能ファイアウォール

データは最新のファイアウォールで守られます。

アクセス妨害について

Keycafeへのアクセスは最新鋭のCDNプロバイダによってアクセス妨害(DDOS攻撃)から保護されています。

2段階認証

2段階認証を有効にして、アカウントへのログインと鍵の受け渡しを管理することができます。

Keycafeではセキュリティの向上のためソフトウェアならびにハードウェアのアップデートを常に行っていますが、実際の鍵の受け渡しでのセキュリティに関してはお客様にサービスを正しく、慎重にご利用いただくことが不可欠です。鍵の安全な受け渡しについての詳細に関してはコミュニティガイドラインをご確認ください。